梅宮です。

 

 

いつも購読ありがとうございます。

 

 

アフィリエイトをやっていると「1記事辺りの文字数はどのくらい書く必要があるのか?」と言う疑問が生まれてきませんか?

 

 

僕も以前は文字数にこだわって書いていたこともあったのですが、実はそこには落とし穴もあったんですね。

 

 

その落とし穴についても書いていますので、是非最後まで読んで頂ければ嬉しいです^^

 

1記事辺りに必要な文字数は何文字?

 

結論から言ってしまうと、必要な文字数としては2000~3000文字くらいで、場合によってはそれ以上が望ましい、と思っています。

 

 

もちろんこれはただ単に多ければいいと言う訳でも、当然少なければ悪いという訳でもありません。

 

 

場合によっては、文字数が多い事が良い場合もあれば、少ない方が良い場合もある、という事です。

 

 

実際のところ、グーグルの絶対的な理念である「検索エンジンを利用するユーザーの利便性」という事を考えると、「ユーザーが求めている情報を的確に伝える事が出来れば、文字数は関係ない」と言う考え方もできてしまう訳です。

 

 

しかし僕としては、「結果的にある程度の多め(2000~3000文字程度)の文字数はあった方がいい」と思っています。

 

 

かと言って「○○○○文字書けばOK!」だとかそういう話でもないので注意が必要ですが、「何故文字数は多い方が良いのか」という事についてを説明したいと思います。

 

何故1記事辺りの文字数が多い方が有利なの?

 

ブログやサイトに書いてある文字数が多いという事は、それだけ情報が詰まっている訳ですから、やはりSEO的に有利な側面もあります。

 

 

もちろん、タイトルに関係のない事ばかりが書かれていても意味がないのですが、きちんとタイトルについて説明しようと思えば記事の中に、文字数が増えれば増えるほどタイトルに関係するキーワードが含まれるという事になります。

 

 

当然、グーグルがタイトルだけで判断して検索順位を決めている訳ではありませんので、関係するキーワードが記事内に含まれれば含まれるほど、「この記事はタイトルに関係のある内容の記事だな」と判断され、結果的に文字数が多い方がSEO的にも有利に働く、という訳です。

 

 

もちろん、闇雲に文字数だけ膨らませたり、不自然にキーワードがちりばめられていても意味がなく、ましてや途中何のことを言っているか分からなくなったり内容の収集が付かなくなったり、飽きられてしまってはいくらアクセスが集まろうとも、訪問者はそのページから離脱してしまいます。

 

 

離脱までワンクリックですからね。

 

 

「つまらん」と思う間もなく直感的に離脱です。容赦は無しですよね^^;

 

 

かと言って、必要な事を「伝わりやすくする為」と言って、少ない文字数の中に必要最低限の事だけ書いても、訪問者にそれが本当に”伝わるのか”と言われると疑問が残るところです。

 

 

やはりきちんと調べている人に対してきちんと納得させようと思ったら、1000文字やそこらでは難しく、それなりの文字数は必要になって来るハズです。

 

 

ですので、丁寧に”伝わる”様に説明しようと思ったら、文字数は必然的に増えていく傾向にある訳です。

 

 

もちろんグダグダと続けても意味がないのですが、2~3回くらいは切り口を変えながら繰り返し丁寧に説明した方が説得力は高まります。

 

 

一度は目にした事があると思うのですが、情報商材などのめっちゃボリューミーなセールスレターって見たことありませんか?

 

 

縦長にびろ~んと長いやつです。

 

 

あれって、実際に最後までちゃんと読む人なんているの?って思うくらいの大ボリュームなのですが、やはり実際には短いコピーより長いコピーの方が成約率が高いという理由であのような形になっているのです。

 

 

これは実験データでも出ているのですが、1ページを時間を書けてスクロールすればする程、どんどんと購入の意欲が高まっていくのです。

 

 

もちろん、「何が書いてあるか」という事が何よりも重要であることは言うまでもないのですが、結果的に「長いコピーは短いコピーを凌駕する」という事なのです。

 

1記事辺りの文字数が少ない(1000~1500文字程度)方が不利な理由

 

「ユーザーの求めている答えを的確に伝えさしていれば、文字数なんて関係ない」という意見もあり、「検索エンジンを利用するユーザーの利便性」と言う観点から見ると、文字数なんて関係ないって言えなくもないんですよね。

 

 

しかし実際のところ、必要な情報だけ伝えてもそれだけでオリジナリティを出す事なんて難しいんです。

 

 

いくら分かりやすく伝えたとしても、オリジナリティの少ない記事は最悪、リライトされて終わりです。

 

 

あなたがもし、必要な情報のみを分かりやすく記事として書いていても、それをリライトされて更に追加で情報を加えられたら、「どちらの方が内容が濃いコンテンツか?」、と問われれば、必然的に情報量の多い後者になってしまいます。

 

 

少ない文字数、1000~1500文字程度で的確に情報が伝わっているという事は、それを参考に記事を書いている人にも的確に伝わっているという事であり、オリジナリティの少ない記事はリライトされやすくなってしまうという事です。

 

 

ましてや1文字辺り○○円とかで書いている外注ライターさんなんかだと、そのくらいの文字数は非常にリライトしやすい文章です。

 

 

当然、文字数が多ければ多いほどコストがかかってしまいますし、文字数が多くオリジナリティが強いと外注ライターさんにもリライトされにくいという事です。

 

 

以前はトレンドアフィリエイトなどでも600~800文字程度でもアクセスを集める事は可能だったようですが、多くの人が参入している現在ではその文字数ではオリジナリティを出していくのは難しいです。

 

 

つまり、文字数が少ないと不利であるという理由は、

 

「いくら必要な情報を的確に詰め込んだ記事であっても、1000~1500文字程度の少ない文字数では他と差別化を図るのは難しく、最悪リライトされて似たような記事が大量生産されてしまう可能性がある」

 

という事です。

 

まとめ

 

1記事辺りの文字数が少ないと、例え分かりやすくてもオリジナリティが出しにくくリライトもされやすい

丁寧に説明するにはある程度の文字数が必要になり、オリジナリティも出しやすい

 

 

結果として、2000~3000文字程度はあった方が良い

 

 

文字数が多い方が有利ではあるですが、先ほども書いた通り、いくら文字数を膨らませていったところで読まれない記事だったら意味がありません。

 

 

結局のところ文字数が多い少ないというより、検索エンジンのユーザー、つまりあなたのサイトに訪れてくれる訪問者が、知りたい情報を的確に伝える事が出来る、と言う事が大切だという事です。

 

 

僕が言う2000~3000文字と言うのは、必要な情報をオリジナリティを出してきちんと伝えるのに、そのくらいの文字数が結果的に必要、と言う様に思って貰えればいいと思います。

 

 

この記事で大体3000文字を超える程度なのですが、実際、1000文字だろうが3000文字だろうがそれ以上だろうが、その記事が面白い、役に立つと思えればユーザーは最後まで読んでくれます。

 

 

気をつけなけばならないのが、3000文字と言う文字数を目標にしてしまうと、文字数を膨らませる事に気を取られ内容の薄い役に立たない記事になりかねないという事です。

 

 

ですのでよく言う事ではあるのですが、文字数以前にまずは訪問者に価値を与える様に、訪問者目線で書いていく事が何よりも大切だという事です。

 

 

それではこの辺で失礼します。

 

 

今回も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

 

梅宮

【PR】
資産構築型アフィリエイト講座 無料限定募集中!

まだ貰える見込みのない年金をアテにしていますか?
メルマガ登録
※サポートのクオリティ重視の為、人数限定での募集となります。
リンクが切れている場合は募集停止中ですのでご了承ください。



ネット上に構築したサイトやブログはあなたの大切な資産です。

正しい知識を持って構築した資産は、家賃収入や印税収入の様な不労所得を生み出してくれます。

その為に必要な正しい知識を身に付けるための無料メルマガ講座です。


ブログでは公開していない、訪問者が買わずにいられなくなるテクニックも限定配信しています^^


登録はもちろん無料、解除もいつでもOK! 安心して登録してください^^

資産構築型アフィリエイト講座に無料登録する


ただし、ラクに、カンタンに、自動で、コピペだけで稼げると言った
ノウハウをお求めの方にはご希望には添えないと思います。


僕は基本的にそういったものは無いと思っていますし、
もし本当にあったとしても、それは本人の力で稼いだものではありません。


例え身ぐるみ剥がされてスッテンテンになったとしても、
リストゼロからでも何度でも再起できる


そう言ったスキルを身につけたい方には、
きっとお役に立てる情報を配信できると思います^^


資産構築型アフィリエイト講座に無料登録する


分からない事があったらお気軽にメールして下さい。


恥ずかしくて誰にも聞けないような、超初心者的質問も大歓迎です。^^

管理人に連絡はこちら


「資金が無くとも諦めずやり続ける事が出来る」ネットビジネスの魅力をお伝えしたいと思います。

梅宮ハル

詳しいプロフィールはこちら